トップページ » よくある質問

よくある質問

皆さまからお問い合わせの多い内容を掲載しています。
» 電動自転車シェアリングシステムのよくある質問はこちら

セグウェイシェアリングシステムのよくある質問

セグウェイの最高速度はどのくらいですか。
セグウェイの性能上は20kmまで出ますが、安全に走行することを目的に今回の実験では10km/s(初心者モードでは5km/s)に制限しています。
セグウェイはどこを走りますか。
セグウェイは歩車分離の原則に基づき、車道を走行します。また、歩行者を近い距離で追い抜く際には、声をかける等の乗車マナーは、講義を通じて徹底させます。
また、歩行者から上記に関するクレームがあった場合、利用者に徹底させるとともに、マナーを遵守しない参加者には、実験への参加をお断りする場合もあります。
モニターはどのような人ですか。
実験モニター参加者は、本学の教職員(臨時雇用を含む)及び大学院生で、登録制となっております。
モニターはセグウェイを安全に運行できますか。
モニターは学科+実技講習(2時間)を受講し、学内移動の注意事項を学ぶツアー(1時間、インストラクター同行)への参加を必須としています。

モニターが受講する講習会では、「安全停止」の訓練を行っています。緊急停止の技量をマスターした方のみ、実験に参加できるようにしています。
利用にあたってのルールを遵守できないモニターは、実験の登録を抹消します。また、ルールの遵守にあたっては、講習会時に誓約書に署名をいただいています。
セグウェイの乗車時に守るルールには何がありますか。
乗車の際は、ストラップを締め、後頭部を保護できるヘルメットを着用します。機器が正常に動作しなかったり、うまく操作できなかったりする可能性があるため、ハイヒールやサンダル、下駄など運転に適さない履物での乗車はしません。
酒気を帯びた状態や妊娠中の者を乗車しません。また、運転者の体重は45kg以上118kg未満としています。理由は、減速・停止がうまくできなかったり、機器が正常に動作しなかったりする可能性があるからです。
保険に加入していますか。
セグウェイは乗車中の事故に対する保険は事務局で加入しています。対人賠償無制限、対物賠償1000万円、搭乗者損害200万円となっています。
最高速度で走行時、緊急停止にかかる停車距離はどのくらいですか。
最高速度15kmでの停止距離の安全基準は5mとされています。セグウェイはそれ以下で停止することが可能であることが、実験で証明されています。
セグウェイは走行時に音がしますか。
セグウェイを走行させるとモーター音がします。歩行者の背後からセグウェイが近付いた場合、その存在を認知できる音量となっており、安全に配慮しています。
セグウェイで走行できない場所はありますか。
事務局で、事前に学内危険箇所の把握をして、参加者には通知しております。また、公道(四谷通の横断歩道やキャンパス周囲の歩道など)に出る場合は、セグウェイを降りて手押ししていただきます。
1日借りることはできますか。
できません。1回の貸し出し時間は最大2時間程度とします。

電動自転車シェアリングシステムのよくある質問

モニターになるための条件はありますか。
シェアリングの参加資格は、本学の教職員(臨時雇用を含む)です。ただし、事前に登録が必要です。
⇒詳細は注意事項<モニター登録>をご確認ください。
フェリカを他人に貸したり、複数人で利用してもいいですか?
防犯やルール遵守のため、複数人で同一のフェリカカードを利用しないでください。
利用料金がかかりますか。
利用料金はかかりません。ただし、モニターの方には、利用にあたってのルールを遵守いただくことと、利用目的や、利用の感想、また年に数回実施予定のアンケート調査への協力を必須といたしております。
保険に加入していますか。
本実験に使用する自転車はTSマーク付帯保険に加入しています。この保険には、自転車搭乗者が交通事故により傷害を負った場合に適用される「傷害補償」と、自転車搭乗者が第三者に傷害を負わせてしまった場合に適用される「賠償責任補償」がついています。
実験の実施期間はどのくらいですか。
平成24年6月より平成25年3月までは実験の実施が確定しております。それ以降に関しまして、決定次第皆様にお知らせいたします。
いつ利用できますか。
モニター登録して頂いた方には、毎日24時間いつでもご利用いただけます。ただし、停電等システムを正常に運用できない時には利用をお断りする場合がございます。
貸出したデポと違うデポに返却できますか?
できません。必ず借りたデポに自転車をお戻しください。
利用中にタイヤがパンクするなど、利用できなくなったらどうすれば良いのですか?
事務局(052-789-3565)にご連絡ください。通常の利用による故障は事務局で修理いたしますが、利用者の過失による故障の場合、修理代金を請求させていただく場合がございます。ご了承ください。
専用フェリカを紛失した場合はどうすればよいですか
盗難防止のため、紛失されたフェリカカードでのシェアリングの利用をできないようにする必要があります。紛失された場合はすぐに、事務局までご連絡をお願いします。
出先でバッテリーが無くなった場合、他のデポのバッテリーを使用することはできますか。
利用できます。ユーザーカードをバッテリーボックスにかざして、バッテリーの交換を行ってください。交換の手順はバッテリーの交換を参考にしてください。